東灘ジャーナル

【※動画あり】神戸・住吉山手にある「灘目の水車」の動く姿をとらえたよ! #灘目の水車

calendar

reload

スポンサーリンク

今なおまわり続ける「灘目の水車(なだめのすいしゃ)」

東灘区の住吉川流域には、江戸時代から水車小屋が多く立ち並び、水車業が盛んで油絞りや製粉、酒造りのための精米に使われてきました。「灘目の水車(なだめのすいしゃ)」は2002年に水車と水路のある親水空間として整備され、それぞれ「山田太郎車・次郎車」という名前で親しまれています。今回は動画とともに、水車の様子をご紹介します。

「灘目の水車(なだめのすいしゃ)」場所はこちら

神戸市立住吉中学校の少し山手、閑静な住宅街にあります。

ちょうど山田区民会館の隣の水路にあります。

マンホールのデザインも素敵ですね。

【※動画あり】「灘目の水車(なだめのすいしゃ)」

まずはこちらの動く姿をご覧ください。

「第18回神戸景観・ポイント賞 まちなみ賞」にも選ばれている「灘目の水車(なだめのすいしゃ)」。

二基の水車は、このように並んで設置されていました。

こちらが「山田太郎車(大)」の水車、ダイナミックですね。

続いて「山田次郎車(小)」、繊細な動きがいいですね。

番外編:JR住吉駅1階に「灘目の水車(なだめのすいしゃ)」のモニュメントがあります

「六甲の山 灘目の水車」をテーマにしたモニュメントが、JR住吉駅1階北側タクシーロータリー横にあります。こちらは一般財団法人「住吉学園」から贈呈されたものです。

東灘区の歴史の歩みとともに、今なお親しまれてる「灘目の水車(なだめのすいしゃ)」。その景観と街並みを楽しんでみてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
灘目の水車(なだめのすいしゃ)
【営業日・営業時間】
※常時開放しています
【連絡先】
【Webサイト】

灘目の水車(なだめのすいしゃ)

【場所】

住所:神戸市東灘区住吉山手4丁目1−26

JR住吉駅下車、北へ徒歩約20分

神戸市東灘区住吉山手4丁目1−26