【阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業】11月30日(土)始発から阪神魚崎駅~芦屋駅間上り線を高架に切替えて運行がスタートします! #阪神電車 #東灘区 #高架切替え

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポット情報, 東灘区とは

阪神魚崎駅~芦屋駅間上り線を高架に切替え!11月30日始発から運行スタート!

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦 雅夫)では、神戸市の都市計画事業である「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業」について、神戸市とともに1991年度から事業に取り組んでまいりましたが、2019年11月30日(土)の始発列車から、魚崎駅~芦屋駅間の上り線(大阪梅田方面行き)を、高架線路に切り替えて運行します。今回の切替えにより、神戸市内の11か所の踏切が除却され、道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性も一層向上します。更に、新しく上りホームが高架になる青木駅及び深江駅には、下りホームと同様に、ホームに通じるエレベーター・エスカレーターを新設します。同事業では、2005年8月に魚崎駅・住吉間の工事を完了し、2006年11月に魚崎駅から芦屋市境までの区間に着工、2015年12月に同区間の下り線を高架に切り替え、残る上り線の高架への切替工事を進めてまいりました。なお、今回の上り線の高架への切替えの後は、現在の仮上り線路の撤去工事及び駅部の残工事を行うとともに、神戸市が側道等の整備工事に着手します。

文章の引用参照:阪神電気鉄道株式会社WEBサイト「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 11月30日始発から魚崎駅~芦屋駅間上り線を高架に切替え~これにより、神戸市内の11か所の踏切がなくなります~」

【※ニュースリリース資料】阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業について

情報の引用参照:阪神電気鉄道株式会社WEBサイト「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 11月30日始発から魚崎駅~芦屋駅間上り線を高架に切替え~これにより、神戸市内の11か所の踏切がなくなります~」

阪神青木駅で完成式典の開催 11月30日(土)

上り線高架切替え当日11月30日(土)に、阪神青木駅において完成式典が開催されます。

完成記念式典の概要について

(1)日時 令和元年11月30日(土) 9時45分~11時45分

(2)主催 神戸市、阪神電気鉄道株式会社

(3)内容

1)出発式

・時間 :9時45分~10時15分

・場所 :青木駅高架上りホーム

・内容 :テープカット 等

・出席者:神戸市長、阪神電気鉄道株式会社 取締役社長

2)記念式典

・時間 :10時45分~11時45分

・場所 :青木駅高架下

・内容 :祝辞、くす玉開披、本庄中学校吹奏楽部による演奏 等

情報と文章の引用参照:神戸市広報サイト「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 魚崎駅~芦屋駅間 上り線高架切替え」

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
【阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業】11月30日始発から魚崎駅~芦屋駅間上り線を高架に切替え運行スタート!
【営業日・営業時間】
2019年11月30日(土)始発から高架上り線路への切替え開始
【連絡先】
【Webサイト】

阪神電気鉄道株式会社WEBサイト「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 11月30日始発から魚崎駅~芦屋駅間上り線を高架に切替え~これにより、神戸市内の11か所の踏切がなくなります~」

神戸市広報サイト「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 魚崎駅~芦屋駅間 上り線高架切替え」

【場所】

区間:阪神魚崎駅から芦屋市境の間(約3.2km)

出発式:阪神青木駅高架上りホームにて11月30日(土)開催


この記事のURLとタイトルをコピーする