東灘ジャーナル

【※悲報】JR西日本「昼間特割きっぷ(昼特きっぷ)」2018年9月30日で販売終了。今後は「ICOCA」にポイントサービスを導入する模様。 #JR西日本 #昼間特割きっぷ #昼特きっぷ #昼特きっぷ廃止 #イコカ #ICOCA

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

JR西日本「昼特きっぷ」2018年9月30日で販売終了

JR西日本が発売している「昼間特割きっぷ(昼特きっぷ)」2018年9月30日をもって販売終了となります。10月1日以降に発売を延長する計画はなく、事実上「昼特きっぷ」の廃止になります。その後は「ICOCA」にポイントサービスが導入される模様ですが、その概要をお伝えします。

「昼間特割きっぷ(昼特きっぷ)」とは?

「昼間特割きっぷ(昼特きっぷ)」とは、昼間時間帯(10時から17時までの間、土日祝年末年始などは終日利用可)にだけ利用ができる時差回数券の一種で、割引率が高いのが特徴です。略称は「昼得きっぷ」ではなく「昼特きっぷ」となります。例えば大阪~三ノ宮間では、正規運賃410円のところ、昼得きっぷだと270円であり、140円も安くなります。関西の金券ショップでよく見かける、あの切符のことです。

「ICOCA」にポイントサービスを導入、その内容は?

新たに交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」同等の還元サービスを開始し、利用者のICカードへの移行を促す。
来年秋をめどに開始するイコカの新サービスでは1カ月(1日から月末)の利用回数、利用区間などに応じて、鉄道への乗車や買い物に利用できるポイントを後日付与する。
これまでイコカでは、利用に応じた特典はなかったが、新サービスでは同一区間を何度も乗る利用者が、事実上の割り引きを受けられるようになる。廃止する昼間特割きっぷの代わりになるポイント付与のサービスも行う。

引用:産経WEST「JR西が昼間特割きっぷ廃止、ICOCAで新ポイントサービス」

購入した「昼特きっぷ」が使える期間は、2018年12月29日(土)までとのこと。「昼特きっぷ」の廃止は、利用者と金券ショップにとっては大きな影響になりそうです。

参考WEBサイト:JR西日本「昼間特割きっぷ」の発売延長とその後の発売終了について

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする

関連記事