神戸市広報サイトでWEBエッセイ「山と海のあいだ」が新スタート!神戸に移住された岩崎雅美さんが、神戸のあれこれをつづります! #WEBエッセイ #岩崎雅美 #神戸 #お知らせ

この記事のURLとタイトルをコピーする

ニュース

WEBエッセイ「山と海のあいだ」がスタート!

神戸市では、市の魅力の向上と情報発信力を高めるため、若年層や市外の方でも楽しめるエッセイをホームページに連載しています。
2019年度を担当する新しいライターは、岩崎雅美さんに決定しました。埼玉出身で、東京や横浜で活躍したのちに神戸に移住した岩崎さん。外からの目線で、街になじんだ古い温泉や商店街といった、ずっと神戸で暮らしていると気づきにくい神戸の魅力にもスポットを当てていきます。
新元号「令和」が始まる5月よりスタートし、第1回目が5月15日に掲載されました。→「第1回 神戸の街中に息づく温泉」

Webエッセイについて

生活者の目線で神戸の魅力を発信する企画として2017年5月にスタート。
2017年度、2018年度の2年間は、ブロガーの平民金子さんが、子供を乗せたベビーカーをごろごろと押しながら、神戸の町を歩き、考えたことを書いた「ごろごろ、神戸」は人気を博しました。
5月からの新連載「山と海のあいだ」は、毎月第3水曜日に神戸市ホームページに掲載されています。どうぞご覧下さい。

画像と文章の引用参照:神戸市広報サイト「webエッセイ「山と海のあいだ」が始まります!!」

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

この記事のURLとタイトルをコピーする