東灘ジャーナル

「第47回みなとこうべ海上花火大会」が8/5(土)神戸メリケンパーク沖で開催されるよ! #みなとこうべ海上花火大会

calendar

スポンサーリンク

神戸開港150年記念!1万5千発の花火が神戸の夜空を咲かせます!

神戸の風物詩「第47回みなとこうべ海上花火大会」8/5(土)神戸メリケンパーク沖で開催されます。神戸開港150年記念の今年は、花火打ち上げ数1万5千発に拡大し、祝砲と文字花火からスタート!色鮮やかな歓迎放水や空全体に広がるマリンブルーなど、見どころ満載のオープニングから始まり、可愛いハート型花火や海面まで垂れる点滅カーテン花火で、オシャレに港が染まります。フィナーレは、全国から提供いただいた技巧玉と「大玉しだれ冠」で、今までにない迫力と感動が沸き上がります。どうぞお見逃しなく!

「第47回みなとこうべ海上花火大会」会場周辺の地図

会場周辺の交通規制について

  1. 交通規制は17:30~22:00 頃まで実施します。(ハーバーランド周辺17:00~22:00 頃まで。兵庫ふ頭基部17:30~21:30 頃まで。)
    ただし交通規制終了時間(22:00頃)は、状況により変更される場合がございますので、現場警察官の指示に従って下さい。
  2. 浜手バイパス・神戸大橋は1車線規制を実施します。
  3. 阪神高速3号神戸線京橋IC入口20:00~22:00(予定)まで閉鎖します。
  4. 再度山ドライブウェイは、17:30~花火終了時まで、北行きが通行禁止となります。(タクシーを除く)
  5. 交通規制エリア内の駐車場は、交通規制中は入出庫できませんのでご注意下さい。
  6. 兵庫ふ頭ハートフルゾーン(障害者観覧エリア)を設けるため、一般車両は進入禁止となります。
  7. 会場周辺は、大規模な交通規制に加え、大変渋滞します。お車やバイク・自転車での来場は自粛のうえ公共交通機関でお越し下さい。
  8. 神戸港内第1区でのプレジャーボート・漁船等からの観覧は、多数の船が訪れ大変危険な状態となっており、固くお断りしております。取締りの対象となりますので、ご注意ください。

神戸港での花火大会の歴史について

神戸港での花火大会のルーツは、 1933年11月7日 第1回「みなとの祭」のイベント「神戸ナイト」として、中突堤付近の海上から打ち上げたのが、はじまりとされています。2009年以降は、尺玉も入れて1万発以上の兵庫県下最大規模の花火大会となっていましたが、さらに今年は神戸開港150年を記念し、関西最大規模の花火大会として1万5千発が予定されています。
「第47回みなとこうべ海上花火大会」で、神戸の夏の夜を楽しんでね♪

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
平成29年8月5日(土) 19:30~20:30 荒天中止(順延無し) ※中止決定は当日15時

【有料無料の区分】
無料


【※注意事項】
※会場周辺は、大規模な交通規制に加え、大変渋滞します。お車やバイク・自転車での来場は自粛のうえ公共交通機関でお越し下さい。

(※文章の一部は、みなとこうべ海上花火大会公式WEBサイトよりお借りしています)

【場所】

打上場所:神戸港(新港突堤~神戸メリケンパーク南側海上より)


神戸市中央区波止場町5