東灘ジャーナル

【※写真あり】震災で崩落したJR六甲道駅の復旧がドラマに!「BRIDGE はじまりは1995・1・17神戸」 #JR六甲道 #井浦新 #野村周平 #椎名桔平 #ドラマ #阪神淡路大震災

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995・1・17神戸」

阪神・淡路大震災で崩落したJR神戸線の六甲道駅を、わずか74日間で復旧させた実話がドラマ化されます。カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995・1・17神戸」(フジテレビ系、2019年1月15日午後9時放送予定)で、井浦新、野村周平、椎名桔平、葵わかなといった演技派の俳優が登場。井浦が演じる高倉昭は、六甲道駅の復旧工事の指揮を執った奥村組の岡本啓氏をモデルとしています。岡本氏は当初、復旧に1年以上かかると見込みましたが、大阪と神戸をつなぐ要所の六甲道駅を、異例の工法で開通。レールを敷く路盤は崩れていなかったため、ジャッキで元の10メートルの高さまで持ち上げて水平に戻し、崩壊した橋脚のみ工事を行いました。震災から74日後の同年4月1日に開通まで導く様子を、現代の若者に震災当時のことを語って聞かせる形でドラマが進行します。どうぞご覧ください。

引用参照:日刊スポーツWEBサイト「震災で崩落した六甲道駅復旧をドラマ化 井浦新主演」

【※写真あり】震災当時のJR六甲道駅と現在の様子

震災当時、橋脚も支柱も折れ、無残な姿となったJR六甲道駅。

現在はすっきりした感じになっています。

北側サイドの橋脚の様子がこちら。

南側はこんな感じです。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995・1・17神戸」(フジテレビ系、2019年1月15日午後9時放送予定)

【有料無料の区分】
無料



※画像は、日刊スポーツWEBサイトよりお借りしています。

【場所】

住所:神戸市灘区永手町4丁目

JR六甲道駅



この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする