東灘ジャーナル

クラウドソーシングってなに!?神戸市が主催する「クラウドソーシングセミナー」に参加してみた! #クラウドソーシング #ランサーズ #クラウドワーカー #神戸市

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

スポンサーリンク

自由に働ける「クラウドワーカー」になるためのセミナーに参加してみた!

神戸市では、平成28年度より多様な働き方を推進し、働く意欲をもつすべての人がライフステージに応じた働き方を選択し能力を発揮できる環境づくりを進めています。そのひとつに、時間と場所に捉われずに働ける「クラウドワーカー」というスタイルがあり、神戸市が主催する「クラウドソーシング」 の活用を支援するセミナーに参加してみました。その様子を写真でご紹介します。

「クラウドソーシング」とは?

「クラウドソーシング」クラウドは群衆ソーシングとは業務委託です。ネット上で仕事を請け負ってくれる方を募集し、不特定多数の人(ランサー)に業務を発注する、2005年に提案された比較的新しい仕事の形態です。
仕事を任せたい人(クライアント)がネット上で依頼先を募集し、依頼を見つけた人が応募します。その後、審査等の後に業務の発注をするという形で取引が成立します。これら依頼や報酬のやりとりは基本的にすべてネット上で完結します。
いわゆる「ネットを使った在宅ワーク」であり、数値の入力など非専門的な業務から、アプリ開発など専門性を要する業務まで、幅広い取引が交わされています。
パソコン一台とネット環境があれば簡単に始めることができる、画期的なビジネススタイルです。(※文章は、神戸市多様な働き方推進支援業務WEBサイトより引用しています)

「クラウドソーシングセミナー」に参加してみた!

三宮のセンタープラザ西館で開催された「クラウドソーシングセミナー」

特殊な技術や能力を必要とせずに気軽に始めることができ、インターネットを活用することで時間や場所を選ばずに働ける働き方の1つである「クラウドソーシング」を、資料を使って分かりやすく解説していきます。

参加者は会場全体で約50名ほど、男性:女性は、4:6ぐらいの比率でした。

「クラウドソーシング」とはどのような働き方なのでしょうか。業務内容、どんなスキルが必要か、そしてどの程度稼げるか等、分かりやすく教えていただきました。

後半には、実際に仕事をされているクラウドワーカーによるパネルディスカッションもあり、メリットデメリットを含め、貴重な現場の声を知ることができました。

参加費無料、神戸市主催なので、変な勧誘もありません(笑)
「クラウドソーシング」の活用を支援するセミナー、および実践講習会も開催されますので、興味がある方はぜひ活用してみてね♪

引用参照:神戸市広報サイト「クラウドソーシングセミナー及び実践講習会の開催」

引用参照:神戸市多様な働き方推進支援業務WEBサイト

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
「クラウドソーシングセミナー」の開催 ※日程の詳細は、神戸市広報サイトをご覧ください。

【有料無料の区分】
無料


【※注意事項】
※お仕事の斡旋はありません




この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする