東灘ジャーナル

神戸・いかなご漁2018が2/26に解禁!いかなごのくぎ煮と「神戸・垂水いかなご祭」を楽しもう! #いかなご #いかなごのくぎ煮 #垂水いかなご祭

この記事のURLとタイトルをコピーする

calendar

reload

スポンサーリンク

いかなご漁が2月26日(月)に解禁されました!

今年も春の訪れを告げる風物詩「いかなご」のシーズンがやってきました。昨年より9日早く解禁されたいかなご。シンコを使った「いかなごのくぎ煮」垂水発祥の料理とされています。解禁日が訪れると、垂水駅周辺の商店街には「のぼり」が立ち並び、街全体が活気づきます。春の「いかなごのくぎ煮」に関連するイベントをご紹介します。(※文章は、神戸市広報サイトより引用しています)

「神戸ルール」にて「いかなご」が紹介されています!

第19回神戸・垂水いかなご祭の開催

垂水を「いかなごくぎ煮発祥のまち」として全国に発信し、街の活性化を図るため、垂水商店街にて「第19回神戸・垂水いかなご祭」を開催します。垂水を歌う「ワタナベフラワー」のライブや、高校・大学生によるステージ演奏やパレード、いかなごのくぎ煮実演や、毎年恒例のお楽しみビンゴ大会も一緒に楽しんでね。
◆日時:3月10日(土曜)10時~16時 ※雨天決行
◆場所:垂水駅東口北側(垂水駅前レバンテ広場)
○いかなご創作料理の発表や販売
○多可町・北播磨の各市などによる特産品販売
○ステージパフォーマンスやビンゴゲーム など

「いかなごたるみぬりえ」の募集

いかなごたるみぬりえ

「いかなごたるみニュース」の折り込み、区役所窓口で配布または垂水観光推進協議会ホームページからダウンロードしたぬりえに好きな色をつけて応募してください。ご応募いただいた作品は4月25日(水曜)から5月1日(火曜)の期間、レバンテ垂水2番館1階ロビーで展示します。応募者全員にごしきまろ文房具のプレゼントがあります。
◆応募締切:4月20日(金曜)
◆応募方法:ぬりえの裏面に、氏名・性別・年齢・住所・電話番号・学校名または団体名を記入し、直接持参または郵送で下記問い合わせまでお送りください
◆問い合わせ:垂水観光推進協議会(区まちづくり課)
〒655-8570(住所不要)
電話708-5151(内線214)

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
いかなご漁の解禁日は2月26日(月)「第19回神戸・垂水いかなご祭」:3月10日(土)10時~16時 

【有料無料の区分】
無料


【※注意事項】
※いかなごのくぎ煮発祥については、他にも長田発祥の説などあります。今回は垂水発祥の説でイベント等をご紹介しています。


【場所】

住所:神戸市垂水区神田町

垂水駅東口北側(垂水駅前レバンテ広場)


神戸市垂水区神田町

この記事のURLとタイトルをコピーする

東灘ジャーナルおすすめ



この記事をシェアする