阪急電鉄さんが2022年12月17日(土)にダイヤ改正を実施!阪急神戸線の改正ポイントを3つご紹介します #阪急電鉄 #ダイヤ改正 #阪急神戸線

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

阪急電鉄 2022年12月17日(土)ダイヤ改正

阪急電鉄さんで、2022年12月17日(土)から全線(神戸線・宝塚線・京都線)でダイヤ改正を予定されており、その中で神戸線での改正ポイントを3つご紹介します。

阪急神戸線での大きな改正ポイントは3つ!

【その1.】平日 朝ラッシュ時間帯の車両編成の変更

神戸三宮から10両編成で運行している新開地発 特急大阪梅田ゆきは、神戸三宮での増結をとりやめて8両編成で運行し、大阪梅田までの所要時間を短縮します。(※神戸三宮発 通勤特急大阪梅田ゆきは、引き続き10両編成で運行します。)

【その2.】平日 夜間・深夜時間帯の運転間隔の変更

大阪梅田発の運転間隔を変更し、下記のとおりとします。
◎21・22時台 10分間隔 → 12分間隔
◎23時台 10~15分間隔 → 15分間隔

【その3.】平日・土休日共通 最終列車の時刻を繰り上げ

最終列車の時刻を変更し、概ね2分~15分程繰り上がります。

※最終列車の時刻の繰り上げが大きなポイントで、特に大阪梅田発→神戸三宮駅着の急行が24:00発→23:45発と15分繰り上がるのでご注意下さい。

情報の引用参照:阪急電鉄WEBサイト「2022年12月17日(土)ダイヤ改正 全列車時刻表」

この記事のURLとタイトルをコピーする