【世良美術館「祝令和」特別記念コンサート第2弾!】「夏の音楽会」~ギターとフルートによるクラシック、ジャズ、タンゴ~が7月27日(土)に開催されるよ♪ #世良美術館 #夏の音楽会 #東灘区

この記事のURLとタイトルをコピーする

イベント

世良美術館「祝令和」特別記念コンサート♪「夏の音楽会」の開催

神戸が誇る音響空間 世良美術館は、2019年5月で開館27周年を迎えました。
世界を舞台に活躍するギターリスト:西垣正信さんとその仲間による「夏の音楽会」~ギターとフルートによるクラシック、ジャズ、タンゴ~727日(土)に開催されます。日本人で初めてフランスのノワイヨン音楽院の院長に就任したギーターリスト:石井敏資さんと娘さんであるフルート奏者:石井マリー美幸さんを招いての一時帰国公演。クラシック、ジャズ、日本の名曲、ピアソラのタンゴ、ガーシュイン「ラプソディー イン ブルー」、ベルリオーズなどの名曲をどうぞお楽しみください。

画像と情報の引用参照:世良美術館サイト「Kobe 音の散歩道シリーズ「夏の音楽会」」

「夏の音楽会」開催概要はこちら

世良美術館「祝令和」特別記念コンサート 第2弾
「夏の音楽会」 ~ギターとフルートによるクラシック、ジャズ、タンゴ~

727日(土) 1530開演 (開場1500

全自由席 80席限定:一般3,500円 学生2,000

ギター:西垣正信、石井敏資(Isii Toshiji)、マリー・みゆき・石井(フルート) そしてサプライズゲストも!?

【西垣氏よりのメッセージ】

私の最初の弟子で今はフランスのノワイヨン市の古く立派な音楽院の院長、石井敏資君とお嬢さんマリー(フルート)とのコンサートです。
弟子と演奏をするのは楽しいことです。
私自身は今回は進行中の新しい試み、編曲の初演をします。
ガーシュインのラプソディ・イン・ブルーのギター・ソロです。
古くからの親しい友人たちには眉を顰められるに違いない。友人たちに「お前がそんなものまで弾くようになるとはな・・」という嘆息が聞こえる気がします。
音楽の世界の末席にぶら下がる私ですが、私を育ててくれた友人たちとの論争や叱責がなければとおに墜落していたに違いありません。
敢えて友人たちに、この気楽な音楽 ラプソディ・イン・ブルーを届けたいと思います。自身もこの作品の緩さとコマーシャリズムの臭さには疑問を感じていました。
 考えが変わったのは、ピアノソロで聞いたアンドレ・ワッツ氏の演奏でした。緩い音楽にワッツ氏の肉体の舞台が重なった時、この作品の率直さ隠された深さに感動しました。
いまなら自分にも実現できる、と試みる次第です。

※10月フランスのツアーでの一つ、ベズレー 世界遺産の大聖堂でのリサイタル概要はこちら↓


※お問い合わせ・お申込みは、世良美術館 TEL:078-822-6456

又は 世良美術館サイト「Kobe 音の散歩道シリーズ「夏の音楽会」」まで

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
2019年7月27日(土) 15:30開演(15:00開場) ​ ※終演は17:00予定

【有料無料の区分】
有料

【金額】
全自由席 80席限定:一般3,500円 学生2,000円

【※注意事項】
※当日残席ある場合のみ、一般4000円、学生2000円で販売します。

※画像は、世良美術館サイトよりお借りしています。

【場所】

住所:神戸市東灘区御影2−5−21

世良美術館

阪急御影駅より徒歩3分



この記事のURLとタイトルをコピーする