東灘ジャーナル

神戸市東灘区のイベント情報満載のNO.1地域サイト。東灘の天気やトイレマップもチェック!

神戸税関庁舎を見学&ランチ定食を堪能したよ【大人の社会見学&神戸開港150年】

calendar

reload

スポンサーリンク

神戸の港を守る「神戸税関」は今年で150年を迎えます

神戸の港を守る「神戸税関」は、開港とともに今年で150年を迎えます。その記念を祝し、庁舎を見学させていただきました。写真とともに美しい神戸税関をご堪能下さい。

「神戸税関」の場所はこちら

各線「三宮駅」下車、南へ徒歩約10分程歩いたところにあります。神戸新港埠頭エリアのシンボル的存在であり、現在の3代目庁舎は、1998年に改築された建物です。保全された旧館とで構成され、旧館を船体に見立てたシルエットが特徴です。

「神戸税関」の美しい内部をご紹介

入口では税関のキャラクター「カスタム君」がお出迎え。名前・住所・連絡先を警備の方に伝え、「入庁証」をお借りして、庁舎に入ります(※税関という重要な場所の為、入出時間や訪問の目的等も記録されます)

見上げると、時計塔の天井が高く取り囲んでいます。

別世界に迷い込んだような、不思議な感覚になります。

「神戸税関本館」は経済産業省から「近代化産業遺産」としての認定を受けている、貴重な建物です。

中庭を通り抜けて、庁舎の奥にある新館へ。

宮殿を思わせるような柱とアーチが印象的です。

洗練された端正な新館アトリウム。

新館から中庭を見ると、あまりの美しさに息をのんでしまいました。博物館や教会をイメージさせるような、神秘的な雰囲気と静粛が佇む世界。東灘ジャーナルでご紹介してきた中で、間違いなく1番の美しさです。

広い吹き抜けからは、優しい光が注いでいました。

美しい景色とランチ定食をがっつり!「神戸税関食堂」

「神戸税関食堂」で頂くランチは景色も抜群!とのうわさを聞き、やってきました8階へ。入口でランチ定食(480円)の食券を購入し、お好きな席へどうぞ。

階下には三菱倉庫様、住友倉庫様の上屋が見えます。

手前は川西倉庫様、

ちょうど、フェリーも停泊していました。

「近代建築」を代表する新港貿易会館登録有形文化財にも指定されています。

美しい景色と一緒に、ゆったりランチを楽しみましょう。

トンカツの上にきのこたっぷりのソースがかかっています。ご飯とお味噌汁はセルフサービス、もちろんがっつり盛り飯でいきます(笑)

港を守る大切な任務には、スタミナ満点のお肉がピッタリ。

小鉢もついて480円、おなかも大満足です♪

「神戸税関広報展示室」で税関のお仕事を学ぼう

次に訪れたのが、1階にある「神戸税関広報展示室」です。こちらでは、税関の役割や体験学習を行うことが出来ます。

港を守る重要な「税関の業務」は大きく分けて4つあります。

「神戸税関」は岡山や広島、四国まで広い管轄区域を担っています。

展示室内には、様々なものが展示されていました。

コピー商品の輸入は禁止されています。

ワシントン条約に該当するものも、もちろん輸入禁止です。

「さわって知る税関」コーナーでは、実際に触って確かめながら学習することが出来ます。

「持ち込めないおみやげ」はどれかな!?

有名ブランド商品のにせものを見分けるコーナーもあります。

「密輸品のかくし場所」を触って当ててみましょう。意外な部分にびっくりですよ。

この他にも、覚せい剤や拳銃のレプリカが展示されており、さらに学びを深めることが出来ます。(※インパクトが強すぎるため、東灘ジャーナルでは掲載を控えております。ご了承ください。)

「模造鉄鉱石から覚せい剤」は大きく報道され、この事件は印象的でした。

危険物を水際で食い止めた「神戸税関」、さすが素晴らしいご活躍です!

目で見て触れて学ぶ展示室は、大人も子供も分かりやすいですね。

麻薬探知犬をモデルとした「カスタム君」税関のイメージキャラクターとしてPR活動を行なっており、密輸取締強化期間などに行われる、イベント・キャンペーンで大活躍です♪。記念写真を撮って、もふもふと楽しみましょう(笑)

映像で学べるコーナーも充実しています。

建物と景色の美しさに感動し、さらに触って学べる「神戸税関」は、ハイレベルでびっくりしました。こういうすばらしい建物や景色が無料で、散策がてらに良いものに触れられる環境が、神戸では至るところにあります。神戸開港150年を記念して、さらに盛り上がる「神戸税関見学」。素敵な感動と学びを、皆様もどうぞご体験くださいね。
神戸税関公式WEBサイトはこちらからどうぞ。

東灘ジャーナルは、イベント・講座・新規オープンのお知らせ・閉店情報・お店のご紹介やお得情報など、Twitterでも情報を随時更新中!東灘ジャーナル@higashinada_jou)でフォローしてね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
神戸税関
【営業日・営業時間】
広報展示室の開館時間 :月~金 8:30~17:00  休館日 :土・日・祝日・年末年始 神戸税関食堂:13:30まで
【連絡先】
神戸税関広報広聴室 :078-333-3028
【Webサイト】

神戸税関 (http://www.customs.go.jp/kobe/)

【場所】

住所:神戸市中央区新港町12-1

神戸市中央区新港町12-1