東灘ジャーナル

大人気施設!神戸・深江浜にある「キューピー神戸工場 オープンキッチン」の見学に参加してみた! #キューピー神戸工場

calendar

reload

スポンサーリンク

この春オープン!「キューピー神戸工場 オープンキッチン」は連日大賑わい!

2017年5月にオープンした神戸・深江浜にある「キューピー神戸工場 オープンキッチン」の見学に参加してみました。完全予約制で、連日大人気!一緒にキューピーのおいしさに迫ってみよう!

「キューピー神戸工場 オープンキッチン」とは

約1時間30分で、野菜や卵の知識、キューピーグループのものづくりへの想い、会社と商品の歴史が楽しみながら学べる見学型体験施設です。マヨネーズやドレッシングの作り方の映像を鑑賞した後、製造工程を担当者が説明しながら、実際の工程ラインを見学することが出来ます。最後はお楽しみ、製品の試食会。珍しいマヨネーズやドレッシングも一緒に味わってね。

「キューピー神戸工場 オープンキッチン」場所はこらち

阪神電車「深江駅」の南側に出ます。

そのまま南下し、国道43号線を渡りましょう。

海を見ながら「深江大橋」を渡り、さらに南下すると、

前方に、「神戸市東部中央卸売市場」の建物が見えてきます。

さらに南へ進むと、左手にホームセンター「カインズホーム」が見えてきます。かつては「新神戸大プール」がありましたが、阪神淡路大震災の影響で閉鎖となりました。

(※お写真は廃墟探索地図サイトよりお借りしています)

そのまま南下し、阪神高速の下を通り進んでください。

左手先に「兵庫県立東灘高等学校」が見えてきます。

手前の右角に地図がありました。この一帯は「神戸東部第4工区食品工業団地」と呼ばれ、多くの工場が並んでいます。13・17番が「キューピー」さんの敷地になるようですね。

そのまま今度は西向きに進んでいくと、

春の「アーモンドフェスティバル」で有名な「東洋ナッツ食品」さんがあります。

「第28回アーモンドフェスティバル」が3/19と3/20に東洋ナッツ食品で開催されるよ@神戸深江【※イベント告知】

「さかなっつ」くんの看板もかわいいですね。「キューピー」さんの敷地は、ちょうどこの真裏にあります。

こちらは、キューピーさんの関連会社「キユーソー流通システム」さんです。「食品」に特化した物流業務をされています。

そのお隣に「キューピー神戸工場」さんがあります。入口の守衛さんから見学証を受け取り、敷地内に入りましょう。

4階の「オープンキッチン」へは、エレベーターで上がって下さい。

「キューピー神戸工場 オープンキッチン」フロアの様子

4階のフロアは天井が高く、多くの展示物があります。(※こちらの4階は写真撮影OK、2階の製造工程フロアは写真撮影が禁止されています。)

「マヨネーズの命」である「卵」についてのパネルや、

触って楽しめる展示物もあり、

小さいお子さんも楽しく学ぶことが出来ます。

「キューピー神戸工場 オープンキッチン」製造工程ラインについて

約1時間30分で、野菜や卵の知識、キユーピーグループのものづくりへの想い、会社と商品の歴史が楽しみながら学べる内容になっています。こちらの神戸工場では、マヨネーズとドレッシングを製造されています。映像を鑑賞した後、実際の製造工程ラインの見学へ。企業秘密が隠されているため、写真撮影は不可ですが、品質管理と多くの工夫が施されていました。(※写真は「マヨネーズの本」より引用しています)

見学会の最後は、お楽しみ製品試食会へ。カロリーやコレステロールを下げるマヨネーズや、普段見かけないドレッシングもあり、この機会に味わってみましょう。気に入った商品は、同フロアのおみやげショップで購入することが出来ますよ。

お帰りの際には、何とおみやげもあります!マヨネーズとドレッシング、レシピのついた本などがセットになっています。ありがとうございました。
楽しい体験と一緒に、食に対する安全やおいしさの秘密が学べる「キューピー神戸工場 オープンキッチン」。東灘ジャーナルイチ押しの見学スポットに、皆様もぜひお立ち寄りくださいね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
キューピー神戸工場 オープンキッチン
【営業日・営業時間】
受付時間:休業日をのぞく 9:30~12:00 13:00~16:00
【連絡先】
神戸工場ご案内係: 078-411-6015
【Webサイト】

「キューピー神戸工場 オープンキッチン」見学予約のご案内

【場所】

住所:神戸市東灘区深江浜町27-1

阪神「深江駅」より徒歩約40~50分

神戸市東灘区深江浜町27-1