東灘ジャーナル

「カタカムナ」の聖地・神戸の保久良神社と「灘の一つ火」&保久良梅林に立ち寄ってみた!【散策レポ】

calendar

スポンサーリンク

いのししだけじゃない!古代文明「カタカムナ」の聖地として人気のスポット「神戸・保久良神社」

未知の古代文明「カタカムナ」の遺跡として有名な神戸・保久良神社。おすすめの周辺スポットとともに、写真でご紹介させていただきます。

神戸・保久良神社とは

保久良神社(ほくらじんじゃ)とは、東灘区本山町の保久良山(金鳥山中腹)に鎮座する神社です。須佐之男命、大国主命、大歳御祖命、椎根津彦命を配祀としています。

「カタカムナ文明」とは

「カタカムナ文明」と称する超古代文明の存在を主張したのが、楢崎 皐月(ならさき さつき)です。1948年頃から全国の電位分布実測調査を行ううち、六甲山山系の金鳥山での生活中に、平十字と名乗ると宮司と出会い、「カタカムナ文字」とされる巻物を大学ノートに書き写し、その後20年ほど経過した後、著書にて紹介したとされています。

「カタカムナ」についてもっと知りたい方へのおすすめ

保久良神社の場所はこちら

阪急岡本駅北改札口を通り抜け、踏切を北へ上ります。

閑静な住宅街を通り抜け、

谷商店さんで飲み物を補充し、さらに坂を登ると、

保久良神社参道の入口に到着します。

周辺はハイキングコースとなっており、早朝登山でも人気があります。

ここからは一般車両は禁止、歩いて登りましょう。

参道は舗装されており、とても歩きやすいです。

木々の間からの神戸、見晴らしが良いですね。

阪急岡本駅から約25分、保久良神社前に到着です。

保久良神社を参拝してみた!

鳥居をくぐると、穏やかな世界が広がっていました。

龍の口から流れる手水(ちょうず)は冷たくて気持ちがいいですね。

お参りした後は、境内の散策ショットをお楽しみください。

灯明台の神火「灘の一つ火」について

保久良神社の前に「灘の一つ火」と呼ばれる石灯篭があります。

その昔、日本武尊が夜に航路がわからなくなった時、保久良神社の灯火が見え無事に難波へ帰りつけた話が有名で、船人の目印とされていたそうです。

今も大切に受け継がれています(※現在は電球が付くしくみになっています)

保久良梅林にも立ち寄ってみた!

少し足を延ばして、保久良梅林まで立ち寄ってみました。

宮崎辰雄神戸市長時代に造られたそうです。

ベンチがあり、休憩スポットとしてもおすすめです。
暑い日が続きますが、保久良山周辺はさわやかな風が流れていました。東灘・岡本の散策スポットに、ウォーキングに、ご家族との夏の思い出に、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
保久良神社・灘の一つ火・保久良梅林
【営業日・営業時間】
※常時開放しています
【連絡先】
【Webサイト】
【場所】

住所:神戸市東灘区本山町北畑ザクガ原680

神戸市東灘区本山町北畑ザクガ原680