東灘ジャーナル

ハッカ油は暑さを乗り切るマストアイテム!スーっと便利に使ってみよう【商品のご紹介】#ハッカ油

calendar

スポンサーリンク

「ハッカ油」で暑い夏をひんやり過ごそう!

「ハッカ油」とは、ハッカから抽出したオイルのことです。ハッカはシソ科の植物の総称で薄荷と書き、ミントの名前でもよく知られています。鼻や口から入った香りは、視床下部などに直接作用し、気分をリフレッシュさせてくれます。今回は、暑い夏を上手く乗り切るためのアイテムとして、効果的な使い方をご紹介させていただきます。

【鈴木薄荷の記事はこちらをどうぞ】

神戸・灘にある「鈴木薄荷」のハッカ油はこの季節に重宝するよ【※ハッカ油と会社のご紹介】

今回試したのは、健栄製薬の「ハッカ油」

今回試したのは、健栄製薬の「ハッカ油」です。ドラッグストアやアマゾンで数百円で購入できます。

パッケージにも、簡単な使い方が描かれています。

取り出してフタを開けると、スーッと心地よい清涼感が広がります。

手軽に試せる、さわやか入浴剤としての「ハッカ油」

汗を流すために入ったお風呂のはずなのに、逆にお風呂上りに汗だくになってしまうことはありませんか? そんなとき、ぜひ活用していただきたいのがハッカ油の入浴剤です。
まずは1滴、ハッカ油を湯船に垂らして、よくかき混ぜてみてください。さわやかな香りが湯船から立ち上ってくるのと同時に、ハッカ油の成分が肌にこもりがちな熱を下げてくれる効果も。特に熱帯夜続きで眠りが浅くなってしまう真夏には、体感温度を下げてくれるので、寝つきもよくなります。

眠れない夜に「ハッカ油」を使ってみよう!

気持ちをすっきり引き立たせてくれるハッカ油の香りは、眠気覚ましに使われるのですが、実は使い方によっては気持ち良い眠りに誘ってくれる香りにも変身します。枕元などに、ハッカ油スプレーを数プッシュ噴きかけます。するとさわやかな香りの効果で、いつの間にかリラックスしてきますよ。
またハッカ油のさっぱりとした香りにもっと包まれたいなら、シーツや枕カバーを洗濯する際、脱水時に1滴ハッカ油を入れておく方法もあります。こうするとハッカ油のほのかな香りをもっと楽しむことができますよ。特にじめじめした梅雨時や熱帯夜が続く季節は、快眠に効果抜群です。

「ハッカ油」の爽やかな香りでリフレッシュ!

なんといってもハッカ油の最大の武器はその香り。爽やかな香りがその空間を一瞬にして変えてくれます。
たとえば、ハッカ油を数滴たらしたお水でふきんを絞り、室内の拭き掃除の際に使うと、爽やかな香りがお部屋全体に広がります。さらに車の匂いが気になるものの芳香剤は使いたくないという場合や、玄関の匂い消しなどもおすすめ。ハッカ油スプレーを、シュッと空気に振りかけてみましょう。嫌味のない自然の香りが、こもった空気を変えてくれますよ。

ハッカ油スプレーの作り方(消臭)

無水エタノール20mlに、ハッカ油を20滴たらします。よく振って混ぜ、精製水180ml入れて完成!ニオイが気になる時に、スプレーすると良いですよ。(※手作りハッカ油スプレーは、1週間程で使い切るようにして下さいね)

※「ハッカ油」を使用する際の注意点

※刺激作用があるため、目や目の周囲、粘膜等に付着しないように注意してください。
原液を肌に直接つけるのは厳禁です。必ず薄めてから使うようにしてください。
※妊娠中の方、1歳以下のお子さんがいるご家庭では使用を控えた方が良いでしょう。
※ペットや動物には禁忌の場合もあります。必ず確認してから使うようにしてください。

(※文章は、健栄製薬株式会社ウェブサイトより引用しています)

 

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【名称】
ハッカ油の効果的な使い方
【営業日・営業時間】
ドラッグストアやアマゾンで購入可能です。
【連絡先】
商品に関するお問い合わせは、健栄製薬株式会社 TEL:06-6231-5626
【Webサイト】
【場所】

健栄製薬株式会社ウェブサイト