東灘ジャーナル

「東灘うはらまつり2017」5/20に開催された様子をご紹介!【※よさこい踊り写真付】

calendar

5月20日(土)「東灘うはらまつり2017」神戸・住吉公園グラウンドで開催されました。大盛り上がりの様子を写真でお楽しみください。

「東灘うはらまつり2017」が5月20日(土)に開催されるよ!【※東灘区のイメージキャラクター:コミの介くんの写真&記事更新あり】

スポンサーリンク

「東灘うはらまつり」とは

神戸まつりに関連したイベントで、オープニング行事、三宮・元町界隈で開催されるメインフェスティバルと、市内の各区単位で開催される「各区のまつり」があります。
阪神・淡路大震災前は5月第3日曜日を中心に、金曜日にオープニング、土曜日に各区のまつり、日曜日にメインフェスティバルの順で行われていました。震災以降、開催年度によってはメインフェスティバルを土曜日開催にしたり、同一日開催だった区毎のまつりも、各区で独自日程で開催されています。

「東灘うはらまつり2017」会場の様子はこちら

「東灘うはらまつり2017」会場の入口はこちら。

「2020年・東灘区制70周年記念だんじりパレードの開催決定」のお知らせがありました。

東灘区地元の団体・商店さんのブースと、

屋台の出店ブースに分かれています。

車の整備点検コーナーのマスコットも来場♪

非常時に活躍する「発煙筒」の体験コーナーもありました。

楽しいふわふわは、子ども達で大賑わい!

兵庫県警のパトカーに乗って、記念撮影が出来るコーナーもありました。

よさこいジョイントライブの様子はこちら

16時から始まった「よさこいジョイントライブ」。

踊り子の皆さんが、舞台前方まで並びます。

びしっと決まったよさこいは、観客の目を惹きつけます。

優雅なよさこい踊りは、うはらの会場を華やかに盛り上げます。

元気にソーラン・ソーラン♪

後姿も美しいですね。

迫力のある決めポーズ!

最後は会場の皆さんと一体になり、フィナーレを楽しみました♪

「気仙沼まただいん」さんの「サメサンド」と、「梅は岡本サイダー」でひとやすみ

神戸・岡本商店街にあるアンテナショップ「気仙沼まただいん」さんの出店ブースで見つけた「サメサンド」「梅は岡本サイダー」でひとやすみ。「まただいん」とは、気仙沼の方言で「また来てね」という意味なんですって。

「梅は岡本」にちなんだ、ご当地商品「梅は岡本サイダー」。甘さ控えめ、ほんのりと梅果汁10%強炭酸のサイダーです。くぅ~、渇いた喉にしみわたります。

お次は「サメサンド」気仙沼はサメの水揚げ量日本一で(ふかひれが有名ですね)、練り製品やコロッケ、サメバーガーなどの料理にも活躍しています。白身魚に似た淡白な味で、特製タルタルソースとマッチして、これまたおいしい!ガッツリとサメパワーを頂きました(笑)
東北大震災復興支援アンテナショップ「気仙沼まただいん」WEBサイトはこちらからどうぞ。

各区のおまつり・神戸まつりと、この週末はいっぱい楽しんでね♪

 

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
 
2017年5月20日(土) 10時30分~17時00分

【有料無料の区分】
 
無料




【場所】
 

メイン会場:神戸市東灘区住吉宮町3丁目4

住吉公園グラウンド


神戸市東灘区住吉宮町3丁目4