武田邦彦講演会「世の中はなぜウソがまかり通るのか」が東灘生活文化センターであるよ

※シェアをお願いします※

2016-06-20 09.09.117月30日(土)東灘の生活文化センターで、武田邦彦先生の講演会「世の中はなぜウソがまかり通るのか」があります。専攻は資源材料工学で、最近では地球環境問題についてテレビ、ラジオ番組等や著書出版で有名な先生は、講演会も大人気ですよ。

武田邦彦先生とは

東京都出身。1966年3月、東京大学教養学部基礎科学科を卒業後、4月旭化成工業に入社。ウラン濃縮等の研究開発に携わり、1986年、論文「複合イオン交換反応系の理論と分離技術への応用」により東京大学から工学博士の学位を取得後、濃縮研究所長に就任[3]。自己代謝材料の開発に取組み、所長職を1991年まで勤める。1993年、芝浦工業大学工学部教授となる。評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長を歴任。江崎玲於奈が学長時に学長補佐となる[4]。2002年 名古屋大学大学院教授(工学研究科マテリアル理工学専攻)。2007年、中部大学へ移籍。大学院工学研究科総合工学研究所の教授となり、副所長となる。機械工学専攻)2014年、中部大学総合工学研究所 特任教授に就任。(Wikipediaより引用してます)

WEBサイトはこちら 武田邦彦(中部大学)

主な著書はこちら

book2

top_book

悪夢のような福島原発事故から半年が過ぎ、状況は「第2ステージ」に入りました。事故当時多くの人は「原発」の実態や「放射能」の本当の意味すらわからず、恐怖のあまりパニック状態となりました。そして本来国民を守るべき政府とメディアが流すウソだらけの情報とインターネットなどを通じて伝わってくる情報の洪水の中で、いったい何を信じていいのか、わけがわからなくなってしまったはずです。私のブログにも、すごい数のアクセスがありました。これが第1ステージです。その後、私からすれば当たり前なことですが、事故当時に予測していたことが次々と表面化し、ウソが暴かれていきました。そして、ある程度の知識が蓄積され、状況分析ができるようになった多くの国民は果たしてこれからどう生きていくべきか、何を選択すればいいのか、それぞれに悩み始めています。これが第2ステージです。

310 万人という尊い同胞の命を失った大東亜戦争の後、日本人は「二度と再び、この過ちは繰り返すまい」と決意し、その1つとして「学問の自由、表現の自由、言論の自由」などを日本国憲法に規定しました。政府や軍部は時として権力の亡者となり、それに追従する学者やマスコミが現れます。それは一部の利権を追求するものであり、財閥などの餌食になりました。憲法に「学問の自由」「表現の自由」「言論の自由」が明記されたのは、こうした利権やお金で動く人々が自分たちの都合だけを考えて間違った方向に突っ走り、日本国民に大きな災厄をもたらすということが強く認識されたからです。それから50年ほど、つまり、1990年ぐらいまでは大東亜戦争の記憶があり、「日本のために」という魂を持った政治家や学者、マスコミ人が残っていました。でも、それも「二世化」して絶滅したように見えます。

過ぎたことは仕方がない。でも、私たちが将来を正しく予見し、私たちの子孫のためによりよい日本を残すためには、1にも2にも「正しい現状認識」、「正面から事実を見る勇気」、そして「大人らしい冷静で深い考察」が必要なのは言うまでもありません。(小学館WEBサイトより引用しています)

コープカルチャー生活文化センター(東灘)とは

2016-05-07 11.58.38

「コープカルチャー生活文化センター」は、コープこうべが運営する施設で、鉄筋地下1階、地上5階建、延べ床面積7,398平方メートルにもおよぶ大規模なもので、地下1階には、体育館、トレーニングルーム、1階には展示コーナー、エントランスロビー、レストラン、2階にはホール、図書コーナー、喫茶コーナー、3階には料理教室、音楽教室、一般教室、4階には会議室、和室、5階にはクリエイティブプラザなどを設置。幅広い活動に対応しています。

場所はこちら

2016-05-07 11.59.21

JR住吉駅から徒歩約8分、国道2号線沿いに東向きに歩くと、目印の看板が見えてきましたよ。道路の向かい側に、灘中学校・高等学校があります。講演会の看板もありましたよ。

2016-06-20 09.09.38

組合員同士が共に学びあい、心豊かな暮らしづくりをめざして、多彩な文化講座を開催しています。いけ花や絵画・音楽など趣味の世界をふくらませる講座、短歌や俳句、文学や男性に人気の囲碁や子ども対象のものまで、生活者すべてに役立つ講座を展開しています。また、各種通信講座も設け、学習の機会を広げています。
この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「東灘ジャーナル」をフォローしよう!

【日時】
 
2016年7月30日(土)14:00開演(13:30開場)

【有料無料の区分】
 
有料

【金額】
 
<前売り>2,700円 <当 日>3,240円 (全席自由)

【※注意事項】
 
※開場時間になりましたらチケット番号順に入場していただきます。チケットはお早めにお求めください。 就学前のお子様の入場はご遠慮願います。

 
(画像はWEBよりお借りしています)

【場所】
 

住所:神戸市東灘区田中町5-3-18

コープカルチャー生活文化センター 2階ホール(全席自由)

電話:078-431-5273


神戸市東灘区田中町5-3-18

スポンサーリンク

※シェアをお願いします※

※フォローをお願いします※